獣医保健看護学類では一貫教育において獣医学に関する基礎知識と動物看護学に関する専門知識を習得し、幅広い獣医保健看護領域の業務を担える人材を育成します。さらに、専攻分野において動物栄養学、動物行動学および動物理学療法学に関する高度な教育を行い、それぞれのスペシャリストを養成します。

動物栄養学のスペシャリストは、飼料会社における飼料の開発や動物病院における栄養指導者として活躍することが期待でき、動物行動学のスペシャリストは、動物のしつけ、問題行動動物の治療、盲導犬や介在療法動物など社会活動動物の提供等に関する分野で活躍することが期待できます。また、動物理学療法スペシャリストは、獣医療の高度化や動物の高齢化に伴い今後需要が見込まれ、術後のリハビリや介護リハビリ分野で活躍することが期待できます。

聚力体育appトピックス

GREETINGごあいさつ

獣医学群長
及川 伸

聚力体育app大学は1960年に開学され、酪農学部に獣医学科が開設されたのが1964年です。その後、獣医学教育が6年制に移行したことを受け1996年に獣医学部獣医学科に改組されました。2011年には学部改組によって獣医学部は獣医学群となり、獣医学類(科名変更)と獣医保健看護学類(新設)の2学類が開設されました。獣医学類では学科以来もうすぐ60年が経過し6,500人余、獣医保健看護学類では10年の間に350人余の卒業生が動物医療分野のエキスパートとして社会に巣立っています。『健土健民』、『三愛主義』、『知行合一』の建学の精神のもと実学教育で育まれた卒業生の皆さんは、多くの分野(伴侶動物臨床?生産動物臨床?公衆衛生?動物衛生?研究開発等)で遺憾なく実力を発揮され、日本国内はもとより世界各地で広く活躍されています。
本学は札幌市の近郊でありながら、手付かずの原始林を有する道立自然公園野幌森林公園にも隣接しており、自然豊かで公園のような広大なキャンパスが自慢です。本学群でも学びの強みは、犬や猫などの伴侶動物のみならず、生産動物全般(大学附属フィールド教育研究センターの乳牛、肉牛、豚、羊、鶏をはじめ大学周辺の一般農場で飼養されている乳牛、肉牛、馬)についても十二分に勉強できるということです。両学類の上級年ではクリニカルローテーション実習が組まれおり、実習場所の中心となる附属動物医療センターの診療頭数は全国の獣医系大学の中ではいつも第1位となっています。伴侶動物と生産動物がほぼ同数とバランスの取れた教育病院といえます。
獣医学群では、『様々な専門領域に渡る高度な知識や技能と問題解決に必要な思考力及びチーム医療を担う高い実践能力と豊かな人間性の獲得』をディプロマポリシー(学位授与方針)として定め、それらを具現化するためのカリキュラムを展開しています。教育の質の保証をしっかりと担保することを主眼に、獣医学群としては卒業時点で実際に何をどこまでできるか、すなわち、どのような知識や技能を獲得できているかを保証するDay One Competencyという教育指標を明確にし、2021年度から両学類に共通する新しいカリキュラムをスタートさせました。これは獣医学群の教育を国際レベルで行うものであり、先進的で画期的な内容となっています。
2019年6月には愛玩動物看護師法の制化があり、動物看護師は国家資格化されました。獣医療の進歩は年々歳々目を見張るものがあり、獣医師や動物看護師に対してより高度な知識と技能が求められています。社会から期待されている分、やりがいのある職種であることは間違いありません。
獣医学群では世界にそして未来に貢献できる有能な人材を育てます。熱意を持って獣医学あるいは動物看護学を学びたい方を歓迎いたします。


教員?研究室紹介 :及川 伸 教授

獣医保健看護学類長
菅野 美樹夫

獣医保健看護学類は、日々発展していく獣医臨床の現場でチーム獣医療を担うことができる高い知識と技術をもった動物看護師を育成することを目標に2011年4月に獣医学群に新設されました。2021年3月には7期生が巣立ちました。創設以来350余名の卒業生を社会に送り出しています。2020年度ではありますが主な就職先は、伴侶動物病院動物看護師(60.6%)、動物関連企業(6.3%)、生産動物関連企業、主な就職先として農業共済組合人工授精師(4.7%)、医療関連企業(3.1%)、公務員(3.1%)、その他(25.3%)でありました。
さて、本学類の特徴は何といって獣医学群内にあり、獣医学類と共に学ぶことができることです。そして日本一の施設と診療件数を誇る附属動物医療センターが併設されており、伴侶動物から生産動物まで体験できることです。獣医師と共に学ぶことが出来ます。
次に、基礎から応用、そして臨床まで広く学びの場を設けていることです。3年次ではユニットという研究室に所属し、さらなる専門的知識を自ら学びます。そのユニットは動物生命科学ユニット(教員3名)、動物と人間の関係学ユニット(教員4名)、動物医療学ユニット(教員3名)です。どのユニットも学生に興味を持たせる研究?実践内容になっています。特筆すべきはこれらのユニットに、動物福祉学、動物倫理学、ワンヘルスが専門とする先生が所属しており獣医療ばかりでなく、将来学生が一般社会に出た際、あらゆる場面で対応可能な人材の育成と幅広い教育を行っています。
さて、動物看護師になるためには多くの知識と経験が必要とされます。その手始めに入学した1年生は、犬、猫、馬、牛、豚、羊、鶏などたくさんの動物と触れ合う機会が設けられています。また1年次後期からは、学類として犬世話当番が設けられており、“犬のしつけ”や“ご飯の与え方”、“お散歩の仕方”など上級生から細部にわたって教わります。また、3年次には、豚の出産看護実習が設けられており、新生豚の出産看護技術を実践で学ぶことができます。
 最後になりましたが、聚力体育app大学獣医保健看護学類は、高度化する獣医療に対応した動物看護師を育成するとともに、社会で幅広く活躍できるようペット栄養管理士、学芸員、家畜人工授精師、そして牛削蹄師など資格取得に向けての指導を行っております。また国際的取り組みとして、アメリカの大学における動物看護学を学ぶための短期および長期留学もプログラム化されております。今後もチーム獣医療を担い動物看護師育成に取り組んで参ります。


教員?研究室紹介 :菅野 美樹夫 教授

MOVIEプロモーション動画

学びの流れ

1年次

基盤教育

  • 聚力体育app導入教育
  • 人文社会科学教育
  • 自然科学教育
  • 保健体育教育
  • 情報教育
  • 外国語教育

専門基礎教育

  • 学群共通専門基礎科目
  • 全学共通専門基礎科目

専門教育

  • 専門教育科目
2年次

基盤教育

  • 自然科学教育
  • 外国語教育

専門基礎教育

  • 学群共通専門基礎科目

専門教育

  • 専門教育科目
  • 専門教育実習科目

専修科目

  • 専修教育科目

畜産関連科目

  • 畜産関連科目
3年次

専門基礎教育

  • 学群共通専門基礎科目
  • 全学共通専門基礎科目

専門教育

  • 専門教育科目
  • 専門教育実習科目

専修科目

  • 専修教育科目
  • 専修教育プログラム
    (基礎動物看護学)
  • 専修教育プログラム
    (応用動物看護学)
  • 専修教育プログラム
    (臨床動物看護学)
4年次

専門教育

  • 専門教育科目
  • 専門教育実習科目

専修科目

  • 専修教育科目
  • 専修教育プログラム
    (基礎動物看護学)
  • 専修教育プログラム
    (応用動物看護学)
  • 専修教育プログラム
    (臨床動物看護学)

畜産関連科目

  • 畜産関連科目

Pick up Curriculumピックアップカリキュラム

動物看護学

動物看護学

動物病院において、獣医師の診療業務の補佐、治療前後の動物管理などを主業務とする動物養護師として必要な、動物の保定、消毒、薬物投与方法などの基礎的な知識や技術を習得します。

動物病理学

動物病理学

病気の成り立ちを理論的に解釈するのが病理学です。講義では、病気の際に起こる個々の細胞や組織の形態的?機能的変化、循環障害、炎症反応、免疫異常による病態ならびに腫瘍について理解します。

動物行動学

動物看護学

行動の発現機序、行動様式、イヌ?ネコのコミュニケーション方法をはじめ、学習理論の理解を通して科学的、効率的な訓練方法を学ぶなど、行動の基礎知識を習得します。

栄養学実習

動物看護学

動物病院専売の動物フードについて、その特徴と特性を学習。ライフステージ別に最適なフードを選択できる能力を身につけ、また手づくりフードレシピの開発も行います。

しつけ指導論

動物看護学

パピーパーティ、パピークラス、しつけ教室などを展開するのに必要な対人関係スキル、指導スキル、環境管理等を学習します。行動学で学んだ学習理論の臨床応用を理解します。

理学療法実習

動物看護学

動物病院における老齢患畜および内科疾患のリハビリテーション治療に補助者として参加し、実務を経験します。リハビリテーション治療のためのプログラムを立案したり、飼い主に適切な飼養管理を指導できるための経験を積みます。

教員?研究室一覧へのリンク OIEサイト

資格案内

取得可能資格

必要要件を満たせば卒業と同時に取得可能な資格です。

  • 家畜(牛)人工授精師
    ※講習会受講?最終試験合格の場合
受験資格

必要要件を満たせば受験する資格が得られます。

サポートする資格
  • 食品衛生責任者
  • 食の6次産業化プロデューサー(レベル1)
  • 学芸員 詳細はこちら